ご存知のように、近年、住宅内の事故が増えています。
ご高齢となった時、介護が必要となった時に、
慌ててリフォームするのではなく、お元気なうちから住宅に
手をいれておくと、事故やケガを未然に防げるだけでなく、
見守るご家族にも安心していただけると考えています。 
基本的には、家内の段差はなくしましょう。 
敷居などのちょっとした段差が危険です。
また、水周り、廊下、玄関など必要なところに手すりをつけ、
ドアも引戸に変更できれば、なおよいですね。
ちょっとした予防工事で安全に暮らしていただけます。
福祉住環境コーディネーターの資格をもつ女性建築士が
ご相談に応じています。
 

M's Craft

copyright(c),M's architect design all right reserved 

建設単価

収納カウンセリング

リフォーム

維持管理

お庭計画

収納計画

家事動線

自然素材

■リタイアメント・リフォーム

■バリアフリー・リフォーム

定年後に備えた「元気なうちからのバリアフリー・リフォーム」

エムズのこだわり

やさしい生活 癒しの空間

ご夫婦だけの生活を充実させるために、お家の間取りを見直しませんか?
定年後、ご夫婦で過ごす時間が増えてきて、「生活スタイルのズレが
気になってきた」・・という方もおられるのではないでしょうか。
お互いが気を使うよりは、それぞれが快適に過ごせるように、
リフォームされてはいかがでしょうか。
例えば、ご夫婦それぞれに趣味を楽しむためのアトリエ部屋を確保したり、
夜に気兼ねなく読書や音楽やインターネットを楽しみたい場合には、
寝室を別々にすることもお勧めです。 
まだまだ、体もお元気な定年後の時期が、バリアフリーリフォームや
リタイアメントリフォームのベストタイミングだと考えています。

TOP   お問合わせ   設計料   プロフィール   こだわり   工事体制   施工例   プランニング例   

inserted by FC2 system